金正恩、ひと月3人ペースで処刑 「パラノイア」「ヒトラー」傾倒の指摘も

国際 韓国・北朝鮮 週刊新潮 2017年5月4・11日ゴールデンウイーク特大号掲載

  • ブックマーク

元北朝鮮一等書記官が明かした「金正恩」クレイジー逸話集(下)

 4月22日、北朝鮮の元外交官で暗殺指令も出されている韓国・国家安保戦略研究院の高英煥(コヨンファン)・副院長が、初めて日本での講演を行った。テーマは「金正恩の恐怖政治とその展望」。序盤で明かしたのは、玄永哲(ヒョンヨンチョル)・人民武力部長を四身高射砲で“処分”するという、「お坊ちゃま」の狂気を示してあまりあるエピソードだった。

 ***

 高氏によれば、こうした正恩の性向は後継者になった直後から出ていたという。

「世襲が決まった2009年、国家安全保衛部の事業を掌握した正恩は、まず対南工作機関の統一戦線部を徹底調査しました。そして7名が不正に関与しているとして銃殺したのです。正恩は歴史上初めて、党の大幹部を他の者の前で座らせたまま銃殺した。これが恐怖政治の始まりです」

 11年に父・正日が亡くなった後、この傾向はますます加速していく。

「13年に叔父である張成沢(チャンソンテク)が玄永哲と同様の手法で粛清されました。人民は2、3日仕事が手に付かなくなるほどの驚きようだったそうです。また、李竜河(リリョンハ)、張秀吉(チャンスギル)の2人の側近幹部も相次いで処刑されています」

 もちろん金日成、正日の時代でも粛清はあったが、市民から中堅幹部まで。まして親族などはありえず、せいぜい収容所送りだった。しかし正恩は何でもありだ。

 トップの座についてから昨年末までの5年間で、彼が処刑した次官以上の人数は140名に上るという。1年30人とすれば、ひと月3人。この渦中にいる幹部の心中については、言葉を補う必要はあるまい。

 この異常な指導者の下で、各地でさまざまな災いが現れ出ているという。

次ページ:口臭がひどいから…

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]