「ルペン」仏大統領ならルンペンに 日経平均大暴落

国際週刊新潮 2017年5月4・11日ゴールデンウイーク特大号掲載

〈ふらんすへ行きたしと思へども、ふらんすはあまりに遠し〉とは萩原朔太郎の詩だが、フランス大統領選が遠い国の話だと高をくくってはいけない。決選投票に残った極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン女史(48)が勝てば日本経済にも暴風が吹き荒れるという。

 ***

 事前に予想されていたとはいえ、4月23日に行われた大統領選挙で、前経済相のマクロン氏に次いでルペン女史が2位につけたことにフランス国内の動揺が収まらない。かの国では1回目の投票で過半数を獲れなければ、上位2名が決選投票で決着をつける。

...

記事全文を読む