ベトナム少女殺害犯、卑劣漢の素顔 露わにしていた女児への“感情”

社会週刊新潮 2017年4月27日号掲載

「容疑者の逮捕から週が明けた17日には、私が対応しただけでも20件近い問い合わせが市民の方からありまして……」

 そう頭を抱えるのは、松戸市教育委員会の担当者である。

「なかでも『なぜそんな人物を保護者の代表に選んだのか』という声が多く寄せられました。ですが、PTAや保護者会の役員の選出方法を市が決めることは、学校や地域の独自性を奪うことになりかねず、非常に難しいのです」

 かくも職員を当惑させる渋谷恭生(46)は、9歳で生涯を終えたレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時小3)が通った松戸市立六実(むつみ)第二小学校の保護者会会長。

...

記事全文を読む