May J.が“応援歌”を歌う120年企業 社員から歌詞を募集

芸能週刊新潮 2017年4月20日号掲載

 発電機やモーターをはじめ社会基盤を支える機器を手がける明電舎(本社・東京)。連結従業員数は約8400人、連結売上高は約2400億円と世界に展開する企業だが、製品は一般にはなじみが薄い。

 この明電舎が1897年の創業から今年120周年を迎えることを記念してイメージソングを作った。歌うのは、「アナと雪の女王」の日本版主題歌で知られるMay J.と、こちらはすぐに表情や歌声も浮かぶ。

 題して「One to Love~心、ひとつに~」。

「外部に曲作りを丸投げした企業イメージソングが多いなか、珍しく手作り感があるのです」(経済担当記者)

...

記事全文を読む