自民「中山泰秀」副幹事長、懇親会でセクハラ行為 陰毛をむしり取り…

政治週刊新潮 2017年4月20日号掲載

当選4回、2児のパパ

 名門生まれのサラブレッドゆえ、常人には窺い知れない“闇の奥”があるのだろう。祖父から3代続く代議士で、女性初の国務大臣を務めた祖母を持つ自民党の中山泰秀副幹事長(46)。先般、国会内外での暴走ぶりが党内でも問題視されているのだが、さっそくその模様を実況中継してみよう。

 ***

 件(くだん)のレースは3月30日夜の出来事だった。東京・赤坂の高級中華料理店では、自民党副幹事長と政治部記者との懇親会が開かれていたのだ。代議士と番記者の会合はオフレコ前提の情報交換が目的の筈。けれど、そこは過去にホステスとの不倫を報じられた「前科」のある中山センセイだけに、“飲む、打つ、買う”ことには目がないようだった。

「入れ替わり立ち替わり20、30名の参加者が集まる中、ひとり中山さんだけが序盤から飛ばしてましてね。“今日は飲むぞー!”などと叫び、紹興酒を一気飲みしてベロベロに酔っぱらっていました。異常にテンションが高くて、“先生、大丈夫ですか”と記者に尋ねられても、“よーし、しゃぶしゃぶ行っちゃうゾ!”とご機嫌でした」(ある参加者)

 結局、2次会の店には「しゃぶしゃぶ屋」ではなく、議員宿舎にほど近い「焼鳥屋」が選ばれた。

■陰毛をパラパラ

「帰ろうとする人間を中山さんは引き留めていましたけどね。メンバーの中にカワイイ感じの女性記者がいたので、納得した様子でした」(2次会の参加者)

 中山センセイの“異変”を察知したのか、1次会で退散したメンバーもいて、出席者は半分ほどに減っていたという。事実、事件はその2次会で起きたのだ。

「酔いが回った中山さんは、女性記者のおしぼりを男性器に見立て、同席した坂本哲志副幹事長のズボンの中から毟り取った陰毛を、パラパラと振りかけたんです。その場にいた女性記者のみならず、男性参加者も言葉を失っていました」(同)

 選良が聞いて呆れるセクハラ行為だが、“被害者”でもある坂本副幹事長は、

「私もお酒が入っていたのか、よく憶えていません」

 と、同僚を庇うばかり。

 肝心の中山センセイは、会合の翌日に行われた副幹事長会議でも、勢い余って疾走を続けたのである。

「大阪府連会長でもある中山氏は、“都議選で公明党が小池新党を支持するのは、官邸が維新と友好的な姿勢をとっていたからだ”と指摘した上で、“官邸がもっと地方を大事にしていたら、公明党は小池知事の支持に回らなかった”と持論を展開。“官邸は維新と会食を続けているが、仲良しは止めるべきだ”と批判したようなんです」(政治部デスク)

 会議には二階俊博幹事長や、都連会長の下村博文幹事長代行も同席していたが、

「居並ぶ党幹部たちから一斉に、“これまでも公明は地方議会で与党につくのが通例だ”“大阪の自民だって努力が足りない”と、一蹴されてしまったそうです」(同)

 その上、地元での中山センセイの評判も芳しくない。

 府連の地元議員が言う。

「維新人気は相変わらずなのに、中山氏は地元の業界団体との会合にもあまり顔を出さないから人望がない。もっと汗を掻くべきです」

 斯様な日頃の鬱積が一連の“暴走”に繋がったのか。

 当の中山氏は事務所を通じてこう回答を寄越した。

「二次会では参加者全員が楽しい時間を過ごしたものと認識しておりますが、二次会の場はプライベートな場であり、(中略)そこでの出来事に関するコメントは一切控えさせていただきます」

 手綱を握る手が緩めば落馬、もとい“落選”の憂き目に遭うこともありますゾ。

ワイド特集「闇の奥」より