重婚ウェディング「中川俊直」代議士 「週刊新潮」記者との一問一答を全文掲載 「どんな制裁でも受けます」

政治週刊新潮

中川俊直代議士(46)

「週刊新潮」報道により、“重婚ウェディング”“ストーカー登録”の所業が明らかになった中川俊直代議士(46)。政務官を辞任し自民党を離党したものの、SNSで形だけの謝罪をしたのみで、本件について議員本人の口からの説明はなく、雲隠れしたままである。

 ならば、そんな議員に代わり、本誌だけが知る彼の“言い分”を全文公開しよう。以下は、記事掲載前の4月15日20時45分から行われた、記者と中川議員との一問一答である(元愛人女性の個人情報を含む部分などは修正)。

虚妄の釈明が続いた60分間の全文――。

***

中:ご足労いただいて、本当に広島まで、すいません。はい、すいません。

記:いえいえ、全然。こちらこそわざわざありがとうございます。

中:今日中に連絡させていただくってことだったんですけれども、あのー、夜ってことで重ねてのお詫びなんですけれども。必ず連絡はさせていただこうっていうのは是非ご理解いただいて。もう本当にすいません、広島まで行っていただいて。

記:いえいえ、全然。むしろ日程を変えていただいたみたいで。地元にね、戻られる…

中:そうなんです、はい。あの時点で、これに答えさせていただくのに、いろいろ地元に行ってだと対応できないので、だからね、地元の方に相談させてもらって、今日はしっかりお約束通り答えさせていただくにはどうしたらよいかと、空港向かう道すがら考えまして、それで2時過ぎくらいに彼(秘書)に連絡するようにと、お会いするからと、そうしたら(記者が)飛行機に乗っていらっしゃったのか圏外、圏外になっていたんですね。だからそういうことだったので、ぜひそこは。

記:いやもう全然そこは、記者はね。もちろん、元はそういったお仕事をされていたのでねお分かりだと思いますが。明日は、地元にはお戻りになられるんですか?

中:まだ検討中です。

記:そうですよね、ごめんなさいね。選挙とかありますもんね、三原の方で。

中:そうなんですね、はい。

記:わかりました。直接お会いしてお話をできるのは僕、ずっと望んでいたことなので、非常にありがたいなというところです。改めて、僕は名刺お渡ししていますよね、大丈夫ですよね。(記者)と申します。

中:よろしくお願いします。ありがとうございます。

次ページ:■男女の関係がありました

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/15ページ]