重婚ウェディング「中川俊直」代議士 「週刊新潮」記者との一問一答を全文掲載 「どんな制裁でも受けます」

国内 政治

  • ブックマーク

■ストーカーはしてないです

記:なるほど。まあそれはね本当他愛もない話なんですけれども。(愛人女性)さんとは自然と男女の仲に?

中:ですからあのー、何年ぐらいなのかな、2010年とか2011年ぐらいだと思うんですけれども、なんていうんですか、フェイスブック等々でメッセージが来て久しぶりって感じで。

記:(愛人女性)さんのほうから?

中:お会いをさせていただいたと記憶しいてます。

記:なるほど、そこからなぜ男女の関係になってしまったんですかね。

中:…うーん、まあ、そ、そのーなんで?なんでっていうと、まあ、自然のなりゆきのなかで、非常に(愛人女
性)さんともお話しさせていただいて楽しかったですし。

秘書:そこはーちょっと…

記:いやでも男女の仲になったっておっしゃったんだから、それはなぜなったのかそれはね、もちろん(愛人女性)さん…

中:自然の成り行きの中で何度か会っているうちにそういった形になったと思います。

記:奥さんとお子さんいらっしゃいますよね。

中:はい。

記:奥さんとは僕もお話しましたし、今日は子供もいらっしゃるからってことで僕らもひいてますけども、その時点ではもちろんご結婚はしていて。

中:はい、してます。

記:お子さんもいらっしゃって。(愛人女性)さんの存在っていうのを奥さんは?

中:今は知ってます、もちろん。

記:いつ知ったんですか。

中:えーと、昨年にお話しいたしました。

記:それはストーカー話、騒動ですよね。まあストーカー、ちょんちょんですよね。

中:ストーカーはしてないです。それだったら(記者)さんだってあれだって。

記:でも渋谷署が中川さんを…

中:ばんばん、ばんばんやって。

記:違います、だって警察に

中:警察よんだらおんなじです。あれは思いっきり、家内からは扉をたたかれたということを言ってましたんで。

記:それは出てこなかったですし、私はインターホンを…

中:それでそのあとがんがんやって、私もおんなじことをいたしました。そのときに警察を呼ばれたということで、決してストーカー警告書というものにサインとかっていうのをしたっていうんではありません。

記:そうなんですね。でもお会いしたりとか、連絡を取れたりとかは一切できなくなってしまったわけですね、その日から。

中:そうです。

記:それはなぜなんでしょう。

中:私は明確にいろんな誤解があるんで素直に謝りに行きたいという思いで、お話をさせていただこうと思っても、インターホン越しに「もう許さない」と、「すべて話します」という話の中で、でていただかなかったと。すべてにおいて、連絡もつかなくなったものですから、それ自体が本当に真実です。

記:ご自身から連絡をとってはいけないっていう風に警察から言われてるっていうことも事実ですよね、それもまたひとつの。連絡を取っちゃいけないっていう。

中:連絡を取っていけないっていう前に、もう連絡すべて遮断されましたから。

記:いやいや今僕が聞いているのは警察からなんていわれたかってことですよ。警察側から中川先生は(愛人女性)さんという女性に対して連絡接触を取ってはいけないっていう風に言われたことありますか。

中:いやまあいろんな誤解があるから近づかないでくださいね、と。

記:誤解があるっていうのはどちらの誤解ですか。

中:警察側のほうから。それはもちろん私は伺いませんということを申し上げました。

記:警察側の説明で(愛人女性)さんが誤解されていて、これ以上中川さんが…

中:いやいやそうじゃないです。だから、いろんな意味で私はインターホン越しに冷静にお話させていただきに伺おうと思いました。そのうえで、でてきて、もう許さないよと言って。

記:でも冷静な方が泣いて土下座とかされないじゃないですか。泣きながら土下座をされて…

中:どんどんたたいて…

記:それで向かい側のお宅の方とかも心配して、家から出てきたりしてっていう話はあったんですか。それは誇張ですか。

中:わたしは誠意をもって謝ろうと思いました、あのときに。本当に心から謝りたいと思いました。これにウソ偽りはありません。それをなんか、押し曲げてですね…

記:いやそれはただ事実関係を確認したかっただけです。

中:ですから本当にもう心から謝りたいと思いました。それだけ大事な(愛人女性)さんの心証を害してしまった、私として心から本当に謝りたいと思いました。

次ページ:■前川議員との電話

前へ 3 4 5 6 7 次へ

[5/15ページ]