重婚ウェディング「中川俊直」代議士 「週刊新潮」記者との一問一答を全文掲載 「どんな制裁でも受けます」

国内 政治

  • ブックマーク

■男女の関係がありました

記:で、今回ちょっといろいろと調べていくと、中川さんの永田町での評判というのは非常に高くてですね、二期生の中でもかなり積極的に政治に対してはコミットされているといった話を聞く反面、ちょっと聞こえてきた話が2、3あるってことで、今日ご自宅にお邪魔させていただいたということです。奥様にもちょっとお話を聞くような形になってしまって、そこらへんはご迷惑をおかけしたかなとは思うんですけれども。こういった形で直接お話ができるのであればそんなに広いところに取材を広げようという気はないですし。なのでひとつだけ。質問には真摯に答えていただければなと思います。こちらも片方からの取材だとなかなか見えない部分もありますので。どっちが本当ウソって話ではないですけれども。真摯に答えていただければなと、思うんですが。

中:はい、承知しました。

記:発端が、去年末の渋谷署の案件で。先生も社会部の記者はやられていなかったんでしたっけ、スポーツ局から報道政治部でしたっけ、テレ東時代は。

中:そうですね、スポーツ局から報道政治部ですね。

記:警視庁のほうからとか夜回りのほうからとかいろんなところから情報はもれるんですが。12月26日に渋谷署にてストーカー警告書にサインをされてるって話を聞いたんですけれども、そこは事実…

中:警告書にはサインしてないですね。

記:ではどういったことがありましたでしょうか。

中:サイン?サインはしてない。あのー、それは誰のことを逆におっしゃって…

記:中川俊直さんのこと。

中:…いやあのー、なんか先方の、先ほど朝おっしゃっていた…

記:(愛人女性)さん。

中:(愛人女性)さんのことですよね。あのーですから12月の26日の日に直接、(愛人女性)さんの心証を害してしまったので、まああのー、ご説明にあがらせていただきたいということで、あのーあの…ご自宅に伺いました。扉を、ピンポンを押して出てきてすぐに話が途絶えてしまったので…

記:ん?ピンポンを押して出てきてって言うのは(愛人女性)さんご本人が?

中:出てきて。

記:実際に出てきて?

中:出てきて。

記:インターホン越しに出てきたわけじゃなく?

中:インターホン越しに出てきました。

記:インターホン越しに出てきたってことですね。ドアを開けたわけじゃなく?

中:「もう絶対許さないよ」っていう話をされまして。それで、私は扉をノックして、とにかく説明させてほしいということで数分間ノックをしました。その折に渋谷署員がやってまいりまして、そういうようなことがありました。一つご理解いただきたいのは私としては本当に説明に上がるということであって、決してそのストーカー行為でもなければですね、その後も一切行ってないわけですし。

記:まあ行けなくなったわけですもんね。

中:ですからそれで、そういうことだとご理解いただきたいと思います。まあ今日も変な話が、(記者)さんご自身もうちの扉を非常に激しくノックをされたということを家内から遺憾だということで私も説明受けましたけれども、それをさせていただいているさなかに、警察を呼ばれたということです。

記:それはなんで心証を害したわけなんですかね。その心証を害したとおっしゃていますけれども、その原因は?

中:原因は私自身の不徳の致すところですよね。さきほど、お写真をもっていらっしゃったと思うんですけれども(愛人女性)さんとは議員になる前にですね、いわゆるその、えー、そういった、えー…

記:いや、ちょっとよくわからないです。どういう関係ですか。議員になる前に?

中:だからそういった男女の関係というか、お付き合いをさせていただいている時期がありました。

記:愛人ってことですよね。

中:愛人とは思っていないです。

記:じゃあどういうふうに思っているんですか。

中:男女の関係がありました。

記:男女の関係があった。性交渉をする仲だったってことですか、男女の関係というのは。

中:男女の関係です。はい、で、まああのー、そういった中で親しくさせていただいていまして、そういった中で、なんというんですか、うーん、その行き違いになっている時期もあわない時期もありましたけれども、その晩えーちょっと、あのー、(愛人女性)さんご自身の、気持ちを害してしまったので、正確に謝りにいきたいなという思いで伺わせていただいたと、いうことです。

次ページ:■対等でいようと…

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[2/15ページ]