森友ドアホ理事長、安倍官邸主導で逮捕の横暴

政治週刊新潮 2017年4月20日号掲載

 いよいよ、“牢獄行き”が時間の問題となってきた。自らを“籠池砲”と称する籠池泰典前理事長(64)の口封じをすべく、安倍官邸は“国策捜査”によって、森友問題の幕引きを図る構えだ。しかし、ドアホ理事長とはいえ、一私人を相手にしてはあまりに横暴ではないか。

 ***

 すでに、森友問題は、大阪地検特捜部がターゲットに据えている。

 全国紙の社会部記者が解説する。

「籠池さんにはいくつもの容疑が持ち上がっていますが、逮捕の取っ掛かりとして有力視されているのは、詐欺容疑です。

...

記事全文を読む