小池都知事、“豊洲を争点にしない”のトーンダウン 築地市場の汚染発覚で

政治週刊新潮 2017年4月6日号掲載

 策士、策に溺れる――。小池百合子都知事を見ているとそんな言葉が頭をよぎってしまうのである。豊洲市場の汚染を声高に叫んで世間を盛り上げたのは良かったが、最近になってなぜか「(豊洲を)都議選の争点にしない」とトーンダウン。それもそのはず、再整備をちらつかせていた築地市場も「汚染」というデータが飛び出してきたのだから。

 ***

 まずは、東京都が作成した資料を紹介しよう。

〈ヒ素又はその化合物(環境基準の)2・4倍〉

〈ふっ化物(環境基準の)1・6倍〉

...

記事全文を読む