小池知事にも厄介な「ベンゼン100倍」のハードル

政治週刊新潮 2017年3月30日号掲載

 “百”という数字が都政を揺さぶっている。とはいえ、百条委員会の話ではない。

 豊洲市場の地下水から、基準値の100倍を超えるベンゼンが検出されたのだ。

 都政担当記者の話。

「調査を担当した専門家会議の座長は、この結果を踏まえた上でもなお“豊洲市場の安全は確保されている”と宣言したのです」

 あくまで地下水が汚染されているだけで、地上部分の観測値に変化はなかったというのが理由なのだが、

「座長はさらに、移転の是非について“あとは政治的課題”と、小池さんに投げ返したんです。

...

記事全文を読む