デイリー新潮

社会

小金井刺傷事件「冨田真由が善人だったら、あんなことにはならなかった」 犯人からの手紙

現在発売中

  • 【特集】がっかり「小池百合子」劇場
  • 【異色対談】「見る」ことを探究して/養老孟司×庵野秀明
  • 天才「藤井聡太四段」の将棋は何が違うのか/村上政俊

新潮45 2017年7月号 
2017/6/17発売

ネット書店で購入する

■「覚悟が出来ました」

 2016年5月、東京都小金井市で当時大学生だったシンガーソングライターの冨田真由さんが刺され、重傷を負った事件。殺人未遂の疑いで逮捕された岩崎(旧姓:岩埼)友宏に、今年2月、懲役14年6カ月の判決が下された。岩崎は判決を不服として控訴した。

 それから1カ月経った3月30日、この事件を追っていた傍聴ライター・高橋ユキ氏のもとに一通の手紙が届く。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2017年4月4日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事