衆院4月解散説も浮上…「森友問題」政界汚染の果て

政治週刊新潮 2017年3月16日号掲載

 盤石に見えるものほど、意外に脆いのかもしれない。森友学園問題は、政権を崩壊に導きかねない爆弾を孕んでいる。だからこそ、安倍総理は、野党に対して、4月解散をチラつかせねばならないほど追い込まれているのだ。政界汚染の果ては、どこにあるのか。

 ***

 朝日、産経(ともに3月6日付朝刊)と読売(7日付朝刊)は、解散時期についてまったく異なる見通しを報じた。

 政治部デスクが解説する。

「朝日は来年秋で、産経、読売はこの4月にも解散風が吹くとしました。

...

記事全文を読む