デイリー新潮

社会

森友問題、国有地9割引きの責任者が現国税庁長官というブラックジョーク

現在発売中

週刊新潮 2017年5月4・11ゴールデンウィーク特大号 
2017/4/26発売

ネット書店で購入する

 折しも、確定申告のシーズンに噴出した今回の疑惑に、国税庁では動揺が広がっているという。そのトップの座にいる迫田英典長官(57)こそ、森友学園に対する土地の払い下げの責任者だったからだ。税の徴収を司る者が国有財産を叩き売りしていたなんて、トンだお笑い種なのである。

 ***

「国税庁の中堅幹部が、“確定申告に影響が出たら、どうしよう”と、ぼやいていました」

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2017年3月16日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事