「情熱大陸」プロデューサーが吉田沙保里に暴言 ディレクター激怒

エンタメ週刊新潮 2017年3月9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

■上司にも送りつけた

 そのA氏に聞くと、

「メールを送ったのは事実ですが、お答えは差し控えます」

 との返事。代わってMBSの関係者が言う。

「吉田選手がリオから帰国したのは試写の前日、首相官邸への挨拶などで忙しいなか撮影に協力してくれたのです。試写の席ではAさんが“立場上許されない発言があるよ!”と怒ったそうですが、どうしても福岡氏の言葉が許せなくなってメールを書いたそうです」

 一方、メールを受け取ったプロダクション関係者の中には、こんな声もある。

「たしかにAさんは吉田選手に密着しており、思い入れもすごい。しかし、彼はメールを福岡さんの上司や『情熱大陸』に関わる全プロダクション、さらにはMBSの各部門にも送り付けている。これは、ちょっとやり過ぎですよ」

 そこで当の福岡氏に聞くと、会社を通じて、

〈あるスタッフが『(吉田選手は)可愛いね』と話した際に、その人物が独身であり吉田選手が彼氏募集中だったことからも彼氏に立候補したらいいんじゃないか、というような趣旨の会話はあったとのことです〉

 との文書が返ってきた。2人を知る女子レスリング代表ヘッドコーチの栄和人氏が言うのである。

「その話は初めて聞きましたが、(メールを送ったのは)よほどのことがあったのでしょう。でも、僕たちと縁のある人同士が仲たがいするのは悲しいですね」

 人の「情熱」を追いかける番組の裏で起きた、寒々とした騒動である。

ワイド特集「春の嵐おさまらず」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]