巨人キャンプ、“異様”の酷評で見せたカラ元気

野球週刊新潮 2017年3月2日号掲載

「今年はヒデキが来ないから、楽しみが減ったなぁ」

 とボヤくのは例年、巨人の宮崎キャンプを心待ちにしているG党である。“ヒデキ”とは言うまでもなく松井秀喜氏(42)のことだ。

「ここ数年、“臨時コーチ”という肩書で後輩たちの激励に訪れていましたが、1月に第2子次男が誕生したため、“イクメン”の松井氏の姿はなし。我々もネタが減って困っています」

 とスポーツ紙巨人担当記者も慨嘆する。

「今年のキャンプは、とにかく若手に元気がない。全く覇気が感じられないんです。

...

記事全文を読む