移民受け入れは断固拒否すべきだ 青山繁晴・百田尚樹の「大直言」対談⑤

国際2017年2月15日掲載

 トランプ大統領が打ち出している政策の中でも、もっとも物議を醸しているものが、移民対策だろう。反トランプの論者は、アメリカから寛容の精神が失われつつあると嘆き、また怒りを表明している。

 しかし、移民や難民に対して厳しい姿勢を示しているのはアメリカだけではない。ヨーロッパでも同様の傾向が強まっている。

 幸いなことに、海に囲まれている日本にとっては、移民や難民の問題は欧米ほど深刻化していないが、これからもそんな幸福な状態が続くとは限らない。北朝鮮が暴発すれば大量の難民が押し寄せる、といったシミュレーションもある。

...

記事全文を読む