メルケル首相はなぜ難民の無制限受け入れに執着? 来年の選挙に備えた対策は

国際週刊新潮 2016年12月15日号掲載

■人道主義でヤケドしたドイツ 「メルケル首相」の暗いクリスマス(3)

 当初こそ喝采を浴びたドイツ・メルケル首相の難民無制限受け入れ政策だったが、難民たちが引き起こす様々な暴行事件が報道されるようになるにつれ、国民たちも漠とした不安を覚えるように。自ずと難民の上限設置を主張してきた政党AfD(ドイツのための選択肢)が注目を集めるようになり、対するCDU(キリスト教民主同盟)の人気は急落している。ドイツ在住の作家・川口マーン惠美氏が、人道主義で“ヤケド”したドイツの模様をお伝えする。

...

記事全文を読む