ドイツで台頭の“右派ポピュリスト”政党AfD  難民数の上限を主張

国際週刊新潮 2016年12月15日号掲載

■人道主義でヤケドしたドイツ 「メルケル首相」の暗いクリスマス(2)

 
 難民の無制限受け入れを呼びかけ、一時は喝采を浴びたドイツのメルケル首相。ドイツ国民もまた難民援助に懸命となり、「難民の数の上限を決めるべき」といった声は「反人道的」として切り捨てられた――。ドイツ在住の作家・川口マーン惠美氏が、かの国の現状をレポートする。

 ***

 そのドイツ人の高揚を見ながら、私は東西ドイツの統一を思った。知らない人々が抱き合い、涙を流して統一を喜んだ日々。

...

記事全文を読む