女子刑務所の「同性愛」「イジメ」「グルメ」事情 ――「組長の娘」の告白

社会 2016年11月15日掲載

■女囚たちの「大学」生活

 アメリカのB級映画や日本の成人映画で根強い人気を誇っているジャンルの1つが「女囚」モノだ。急に投獄されたヒロイン(もちろん美人)が、刑務所内でのイジメなど様々な試練に立ち向かう、というもので、そこに必ずお色気要素が散りばめられているのが定番である。
 実際の女子刑務所はどのようなものか。
 気鋭の犯罪社会学者、廣末登氏の近著『組長の娘 ヤクザの家に生まれて』には、当事者の貴重な証言が掲載されている。同書は、中川茂代さん(仮名)という女性の人生を聞き取りしたドキュメント。

...

記事全文を読む