トランプが廃止を訴える「オバマケア」、なぜ支持されず?

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 ホワイトハウスを去り行くオバマ大統領は、レガシー(政治的遺産)として、“オバマケア”を後世に残すことにこだわった。

 しかし、トランプ次期大統領によって、あっけなく撤廃される見込み。

 なぜ、“オバマケア”は支持されなかったのか。

 在米ジャーナリストによれば、

「国民皆保険制度のないアメリカでは、約5000万人、国民の6人に1人が保険未加入でした。“医療難民”をなくすため、オバマ大統領の肝煎りで始まった政策が“オバマケア”。全国民に加入を義務づけ、もし、違反すると、現在、年収の2・5%にあたる罰金を支払わなければなりません。

...

記事全文を読む