「トランプは白人低所得層が勝たせた」は本当か ミドルクラス以上も支持

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

「世紀の番狂わせ」の原因として真っ先に挙げられるのは、移民に職を奪われた、学歴の低いプアホワイト(白人低所得層)によるトランプ支持、である。

 だが、米「ABCニュース」が行った詳細な出口調査は、意外な真実を浮き彫りにした。2万人以上を対象とする大規模な調査で注目すべきはこのデータだ。

 実は、〈世帯年収が3万ドル以下〉の低所得層のうち、トランプに投票したのは41%に過ぎない。対するヒラリー支持は53%を占める。つまり、アメリカで最も困窮している人々はヒラリーを選んだことになる。

...

記事全文を読む