トランプが語っていたデート相手に課す“条件” サルコジ夫人とデート?

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 さすがはアメリカ大統領になるだけのことはあって、トランプ氏は博愛主義者である。なにしろ最初の妻イヴァナさんには、夫婦以外の異性との肉体関係をたがいに認め合おうと提案。断られた挙句、不倫して離婚し、不倫相手のマーラさんと再婚すると、

「90年代初め、新妻がいる前でのインタビューで“デート相手の女性には用心のためにHIV検査を求めている”と語ったんです」

 そう語る在米ジャーナリストによれば、

「トランプ氏は当時、デートをするには史上最悪の時代で、いろんな検査を2回ずつ試みるように言っている、と語っていました」

...

記事全文を読む