慶応の集団強姦事件 「気品」を理由に処分する大学の「気品」は

社会週刊新潮 2016年11月17日号掲載

 慶応大学生による信じ難い事件が続いている。11月6日、交際相手の女性を線路に突き落としたとして法学部3年の男子学生が殺人未遂容疑で逮捕されたのだ。この事件の3日前、慶応大は「集団強姦事件」に関わった学生に対する処分を下したばかりだったが、その処分理由も相当に信じ難いもので……。

 ***

 詳しい処分内容に触れる前に、彼らの所業がいかにひどいものであったかを今一度振り返っておく。

 事件があったのは9月2日。現場は、慶応の公認サークル「広告学研究会」が海の家の運営拠点としていた神奈川県葉山町の古びた合宿所だ。

...

記事全文を読む