慶大集団暴行の捜査開始、加害学生6人が問われる罪は 被害者母は「厳しい処罰を」

社会週刊新潮 2016年10月27日号掲載

〈気品の泉源〉

 慶応義塾大学のHPによれば、創立者の福沢諭吉は修学の目的として、この言葉を挙げていたという。

 すなわち、

〈人格を備えた社会の先導者となることが、義塾における教育の目標の一つ〉

 学問だけではなく、人格も陶冶することによって、卒塾生は社会の先導者たりえる。それを生むことが「塾」の目的だと述べたのである。

 しかし、2年後に創立160年を迎える「私学の雄」が直面した、人格破綻の「テキーラ陵辱」を前にしては、この福沢の言葉がブラックジョークにしか聞こえないのは仕方あるまい。

...

記事全文を読む