韓国の大統領はなぜ必ず不幸になる? 独特の宗教事情

韓国・北朝鮮週刊新潮 2016年11月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 小池百合子都知事は“崖から飛び降りる覚悟”で選挙戦に打って出たが、それが比喩で済まないのが韓国の政界である。身内の逮捕は言うに及ばず、自殺・暗殺・死刑判決と、歴代トップの末路は常に悲劇と隣り合わせ。背景には彼の国特有の宗教的な事情があった。

 ***

 韓国で大統領の座に就いたのは、朴槿恵氏を含めて11人を数えるが、そのほとんどが退任後、過酷な運命に晒されている。

暗殺された朴正煕

 初代の李承晩(イスンマン)は民衆の反発で下野を余儀なくされ、ハワイに亡命。その後、軍事政権を樹立した朴槿恵の実父・朴正煕(パクチョンヒ)が、側近のKCIA部長に暗殺されたのはご承知の通りだ。

 さらに、全斗煥(チョンドゥファン)には死刑判決が下され(後に特赦で釈放)、87年に韓国が民主化を果たした後も、親族を巻き込んだ疑獄は枚挙に暇(いとま)がない。

「先代の李明博(イミョンバク)の兄が斡旋収賄容疑で逮捕されたのは記憶に新しいところ。その前の盧武鉉(ノムヒョン)も、まず兄の汚職が発覚し、自身に捜査の手が伸びたところで自宅の裏手にあった崖から投身自殺を遂げています」(在韓ジャーナリスト)

 なぜ大統領は不幸に見舞われるのか。『大統領を殺す国 韓国』を著した、「コリア・レポート」編集長の辺真一氏はこう解説する。

「大統領は軍の統帥権や法案の拒否権を持ち、政府や軍、官公庁の人事を握るなど、独裁者と呼べるほどの権限を手にします。その任期は5年間で憲法の規定によって再選が禁じられているため、“任期中にやりたい放題やってやる”といった心境になるのかもしれない。ただ、一旦、権力の座を退くと、今度は自らが厳しく裁かれてしまうのです」

■死は穢れ

 拓殖大学の呉善花教授が言葉を継ぐには、

「大統領の疑獄が頻発するのには、儒教の現世主義、すなわち“死は穢れである”という教えが影響しています。韓国には日本の形見分けのような文化はなく、故人の遺品は全て燃やしてしまう。同様に、力を失った過去の権力者も穢れの対象とされ、それを徹底的に叩くところから新たな政権運営が始まります」

 他方、忘れてはならないのが、同じく儒教文化に由来する韓国の「身内意識」。

 我が国とは反対に、〈近くの他人よりも遠くの親戚〉を重視するのが彼の国の習わしだと語るのは、早稲田大学の重村智計名誉教授だ。

「親族の結束が強い韓国では、権力者に口利きを頼みたければその妻や息子、兄弟に貢物をする文化がある。結果、どの大統領も政権末期になると親族のスキャンダルが発覚するわけです」

 その点、朴氏は暗殺によって両親を亡くし、残された弟や妹すら大統領府、通称「青瓦台」から遠ざけてきた。身内のスキャンダルに端を発する「韓国的な疑獄」とは無縁に思われていたわけだが、実際には、彼女にとっての「身内」とは肉親ではなく、崔順実(チェスンシル)氏その人だった。つまりは、

「今回のスキャンダルも過去の大統領と全く同じ構図と言えます」(同)

 歴史の呪縛からは逃れられなかったのである。

特集「慰安婦問題の約束不履行? 反日気運の増長?『朴槿恵』大統領炎上でこっち側の嫌な予感」