BIGBANG、チケット値上げで荒稼ぎ来日ツアー 背景に人気メンバーの兵役

芸能週刊新潮 2016年11月10日神帰月増大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 1年間のツアー動員は実に150万人だとか。韓国の男性5人組ユニット「BIGBANG(ビッグバン)」の人気が“熱狂”の域に達しているのは確かなようだ。そして、その裏ではしたたかに算盤を弾く“大人”もいて――。人気メンバーの徴兵に絡み、日本で荒稼ぎツアーが始まるのである。

 ***

韓国の男性5人組ユニット「BIGBANG」

 BIGBANGは結成10年目。7月に米経済誌「フォーブス」が発表した「世界で最も稼いだ有名人100」ではアジア最高の54位に食い込んだ。1年間で稼いだ金は、4400万ドル(約46億円)という。

 この少なくない部分を日本から吸い上げているのは疑いなく、毎年来日ツアーを行い、ここ数年は数十万単位のファンを動員。今秋も11月5日から、東京、大阪、福岡、名古屋とドームツアーを敢行しているが、

「今年はいつもと違うんですよ」

 と言うのは、さる韓流ウォッチャー。

「まずチケットが高い。これまでのツアーでは9000円台だったのが、今回はいきなり1万2000円に値上げされたのです」

 彼らのファンの多くは年若女性。2割強の値上げは懐に響くに違いない。また、

「ツアー開催日の午前中に、『ファンミーティング』が開かれることになっています。これはタレントとファンとがゲームをしたりして交流するもので、チケットは1万円。これまではツアーとは別日程、8000円台で販売されていましたし、わざわざコンサートとくっつけるのは異例です」(同)

 強気の価格設定に加え、イベントとの“抱き合わせ販売”にも出たというワケだ。

来年兵役を控えているT.O.P

■今度は“お帰りツアー”

 下手すれば、ファン離れを生みかねないこの手法。

 しかし、韓流に詳しい女性ライターは言う。

「BIGBANG側は、これでも十分客は入ると思っている。なぜなら、T.O.P(トップ)というメンバーが来年から兵役に入るからです」

 お隣韓国が徴兵制を敷いているのは知られた話。健康な男性は19歳から30歳までの間に、1~2年間の兵役に就かなくてはならない。T.O.Pは来年三十路。タイムリミットが来たのである。

「数年前から、ファンはこの日を覚悟していましたが、今年に入り、韓国で相次いで『近々の入隊』が報じられた。“5人でライブをやるのはこれが最後だ”というレア感が高まり、何が何でも今度のツアーに行こうという、ファン心理を揺さぶられているのです」(同)

 実際、新大久保で道行くフリークに声をかけても、

「つっても、やっぱり高いよね。ファンミなんてちょっと騒いで1万円でしょ。ありえない」(20代女性)

「事務所が資金回収を始めたな、と思いました。あまりにあからさまで苦笑するしかないです」(別の20代女性)

 と不満を述べつつもそれぞれ、

「東京と大阪の公演は8つ全部行く」

「東京のツアーは激戦で1つしか取れなかった。だから名古屋にも遠征します」

 と一方では出血を厭わない。先方が聞いたら泣いて喜びそうな“ファン魂”を吐露するのだ。

 BIGBANGのマネージメント会社にこのたくましき“商魂”について伺ってみたが、回答はなし。

 しかし、先のライターは、

「2年も経てば、T.O.Pの“お帰りツアー”が出来ますし、他のメンバーも現在の年齢は25~28歳ですから、じきに兵役に入る。その度に同じ商法が使えることになります」

 人気と共に、ファンの財布も大爆発してしまいそう。

特大ワイド「ふりむけば百鬼夜行」より