松山英樹、世界ゴルフ選手権優勝 体幹トレーニングの成果

スポーツ週刊新潮 2016年11月10日神帰月増大号掲載

 2位に7打差をつけての圧倒的な優勝である。世界ゴルフ選手権「WGC―HSBCチャンピオンズ」を制した松山英樹(24)のプレーは、これまでになくパワフルかつ正確だった。日頃から怠らない「体幹トレーニング」がもたらした成果でもある。

 ***

 そもそも、「WGC―HSBCチャンピオンズ」とは、いかなる大会なのか。日本では、あまり馴染みがないが、優勝賞金が162万ドルとメジャー大会並みで、R・マキロイやA・スコットなどPGAツアーのトップテン選手も参戦する。

...

記事全文を読む