安倍官邸の外側にだけ吹く「ドーナッツ解散風」 総理の思惑は

政治週刊新潮 2016年11月3月号掲載

 公明党の山口那津男代表と井上義久幹事長が「全議員が一層、構えを強くしなければならない」と発言、自民・二階俊博幹事長も「選挙の準備に取り掛からない人がいるとすれば論外」と言い始め、永田町には早期解散の風が吹いている。さらに、来年1月に予定されていた自民党大会が、安倍総理の指示で3月に延期との情報も。12月15日に日ロ首脳会談が入っている日程を鑑みれば、「年末から年明けの解散しかないと読み解かざるを得ない」(政治部デスク)というが……。

 ***

 おかげで、民進党を始めとする野党も完全に浮き足立っているという。

...

記事全文を読む