反原発で当選、米山新潟知事のぶれる信念 推進派から“豹変”

政治週刊新潮 2016年11月3月号掲載

「天の声にも変な声がたまにはある」。かつて福田赳夫元総理がぼやいたこの言葉が、与党幹部たちの脳裡に木霊(こだま)しているに違いない――。自公推薦候補の楽勝と見られていた新潟県知事選挙(10月16日投開票)で、共産、自由、社民の野党3党が推した米山隆一氏(49)が奇跡の逆転勝利を果たし、与党側は「あの米山に負けたショック」に覆われているという。

 ***

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が争点のひとつとなった新潟県知事選では、再稼働反対を掲げた米山氏が、圧倒的不利と見られていた状況を覆し、自公推薦候補に6万3400票の差をつけて当選した。

...

記事全文を読む