山本地方創生相、証券監視委への圧力は1度ではなかった 代表を務める会社が土地取引で4億円

政治週刊新潮 2016年10月20日号掲載

 アベノミクスの仕掛け人・山本幸三地方創生相(68)に浮上した、“疑惑の国会質問”――。

 2012年3月5日の衆院予算委員会第一分科会にて、“日興インサイダー事件”を調査中のSESC(証券取引等監視委員会)について、〈こういう調査のやり方しかできない監視委員会というのはある意味で本当に必要なのか〉と糾弾した山本地方創生相。これが自身のビジネスパートナーへの助け船、そして自らが代表を務める会社への利益誘導を図ったのでは、という疑惑である。

 ***

 山本地方創生相がSESCに圧力をかけたのは、この1度ではなかった。

...

記事全文を読む