強姦事件を握りつぶした慶応大学、被害女性の母の憤り 「加害学生は退学を」

社会週刊新潮 2016年10月20日号掲載

 慶応大学「ミス慶応コンテスト」中止の裏には、主催サークル「広告学研究会」メンバーによる強姦事件があった。

 被害にあった女子大生・京子さん(仮名)の告白によれば、9月2日に男たちは神奈川県葉山町の合宿所に彼女を呼び出し、テキーラを飲むのを強制。前後不覚になった彼女を凌辱した上、その様子をスマートフォンで撮影し、尿をかけるなどの行為を行ったという。翌朝、目を覚ました京子さんは逃げ出し、救急車で搬送された。

 ***

 京子さんから事件の一部始終を聞いた母親は、

...

記事全文を読む