ドナルド・トランプが批判される“わいせつ発言”が、これまでとは次元が違う理由

国際週刊新潮 2016年10月20日号掲載

 時あたかも決戦まで1カ月、10月8日のことである。ニューヨーク5番街のトランプタワーが崩壊する音を、我々は聞いたのかもしれない。

 同日付のワシントン・ポストは、共和党候補ドナルド・トランプ(70)の、女性への侮辱的な発言を収めた2005年の動画を公開したのだった。

 過去8度、大統領選を見てきた外交ジャーナリストの手嶋龍一氏は、

「トランプは今までもマイノリティやハンディキャップのある人、女性について蔑視と取れる言動をしてきました。しかし、生のやり取りが録音され、タブロイド紙でなく、ワシントン・ポスト紙がこの時期に公表に踏み切ったのは、まさしく異例の事態です」

...

記事全文を読む