豊洲の“共犯”に名が挙がる「日建設計」、五輪招致にも関与? 関連施設でも槍玉に

社会週刊新潮 2016年10月20日号掲載

 2008年当初、東京都の専門家会議によって提言された豊洲新市場の「盛り土」は、2011年に大手設計会社「日建設計」が作った〈盛り土不要〉の技術提案書によって葬られた。市場問題プロジェクトチームのメンバーで建築エコノミストの森山高至氏は、新市場の設計を担当した「日建設計」は都庁幹部以上に問題の裏側を知っている、と指摘する。

 都が豊洲市場の民間運営を検討していた当初のプレゼンにも参加していた日建設計。その後の直営検討段階で作られたスケッチは、日建設計が提案していたものと似ているといい、

...

記事全文を読む