14歳の坂上忍をストリップ小屋に連れて行った名監督は?

芸能2016年10月19日掲載

 未成年のタレントに酒を飲ませたということで、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が活動自粛に追い込まれたという一件は記憶に新しい。

 このニュースについては「当然だ。ざまあみろ」「酒ぐらいはいいのでは。厳しすぎる」等、人によって意見はさまざまだろう。

 俳優の坂上忍さんは、新著『スジ論』の中で、「飲酒」をはるかにしのぐ、今ならば大問題にされそうなエピソードを披露している。お世話になった諸先輩の思い出を振り返った第4章「惚れた背中を勝手に追い続ける」の中から、相米慎二監督について綴ったところを抜粋して、引用してみよう。

...

記事全文を読む