慶大卒の「イスラーム預言者」インタビュー 神からの啓示を語る

社会新潮45 2016年10月号掲載

 北海道大学の学生が「イスラーム国」に参加するべく、シリア渡航を計画した一昨年の事件をご記憶だろうか。この時、学生を斡旋した疑いで警視庁公安部の聴取を受けたのが、同志社大学神学部の元教授で、イスラーム学者の中田考氏だった。

 その中田氏は現在、東京・豊島区のあるカフェバーで生活をしている。オーナーは25歳の宮内春樹氏。慶應大学在学中に神の啓示を受けた“イスラームの預言者”であるという。ノンフィクションライターの上條昌史氏がこの2人に取材した「慶大卒『日本人イスラーム預言者』を支える中田考」が、現在発売中の「新潮45」10月号に掲載されている。

...

記事全文を読む