元「水戸泉」の相撲部屋が崩壊 弟子激減、地元後援会長も辞任…新婚の若妻をめぐって

スポーツ週刊新潮 2016年10月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 塩を派手に撒くパフォーマンスで知られた、元水戸泉の錦戸親方(54)。その錦戸部屋が事実上、崩壊してしまっている。9月29日発売の「週刊新潮」が報じる。

 ***

 錦戸部屋といえば、8名中6名の力士が5月場所を休場した異常事態が話題になったが、6月には、部屋の状況を見かねた地元後援会長が辞任する騒動も起きていた。

錦戸親方(54)

 
 “崩壊”のきっかけと目されるのが、今年4月に親方と披露宴を挙げた若妻、ソプラノ歌手の小野友葵子さん(32)の存在だ。小野さんと同棲するようになって以降、錦戸親方は稽古場に顔を出す機会が減り、弟子たちとちゃんこを共にすることもなくなったという。そうした“放任主義”の末、カナダ出身力士の誉錦(ほまれにしき)が兄弟子の“かわいがり”に耐えかね、帰国。これに親方は、

「誉錦に名指しされた3人の力士を呼び出し、事を収めるために5月場所の休場を言い渡した上、彼らの髷を10センチほども切ってしまったのです」(部屋関係者)

 結果、呆れた弟子たちが次々と部屋を去り、現在は力士3人の小部屋になってしまったというのだ。

 錦戸親方本人は「週刊新潮」の取材に対し、“かわいがり”や髷を切ったことは否定。その上で、

「何でこんな言われ方をするのかビックリしてます。これも有名税かな。それとも、若い奥さんをもらったのが羨ましいのかな」

 とコメントするのだが……。

 ***

「週刊新潮」9月29日発売号では、親方夫妻のより詳しい振る舞いと共に、錦戸部屋の窮状を報じる。