元水戸泉の部屋で力士6人が休場の異変 かわいがり疑惑も親方は否定

スポーツ週刊新潮 2016年6月9日号掲載

 土俵上の吊り屋根に届かんばかりの豪快な塩撒きは、相撲ファンならずとも知るところ。だが目下、元水戸泉こと錦戸親方(53)を巡っては塩ならぬ、怪情報が乱れ飛んでいる。待望のおかみさんを娶った矢先、手塩にかけたはずの弟子たちが、なぜか本場所から姿を消していたのだ。

 ***

 両国国技館で行われた5月場所で、相撲記者はある異変に気付いたという。

「錦戸部屋に所属する8人の力士のうち、実に6人が初日から“休場”していたのです。食中毒を起こしたわけでもないのに、同じ部屋の力士の“4分の3”が土俵に上がれないなんて前代未聞だと思います」

...

記事全文を読む