【王将社長射殺事件 黒幕と疑われた男の告白(上)】兄は部落解放同盟のドン、美空ひばり最後の後見人

社会週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

「餃子の王将社長射殺事件」は発生から3年近くが経つものの、未だ犯人逮捕には至っていない。しかし、疑いの目を向けられた男がいる。部落解放同盟のドンを兄に持ち、なおかつ、美空ひばりの最後の後見人……。その男、上杉昌也氏(72)による独占告白である。

 ***

「2014年の4月初め、京都府警捜査1課の刑事2人が、福岡にある私の会社を訪ねてきました。

 そのうちの警部補を名乗った刑事は開口一番、

『九州のヤクザが動いとる。九州と言ったら、あんたしかおらん』

...

記事全文を読む