王将2代目社長が初めて取材に応じて語った、疑惑の人物と社の関係 〈報告書が明らかにした「社長射殺事件」のキーマン(上)〉

社会週刊新潮 2016年4月14日号掲載

 意味ありげな情報が飛び交いながら、未解決のまま発生から2年が過ぎ去った「王将社長射殺事件」。突如、公開された報告書によってキーマンに浮上した創業家次男と、常に疑惑が取り沙汰されてきた人物とは如何なる関係なのか。元社長が初めて真相を語った――。

 ***

「大東さんは“自分が我慢すれば済むことです”が口癖で、社長を引き受けたのも創業者の息子たちに頼まれたからでした。就任当初は会社の業績も悪く、資金繰りもままならないため、いつも頭を抱えていました」

 意を決してそう語るのは、「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」の2代目社長・望月邦彦氏(79)である。

...

記事全文を読む