デイリー新潮

社会

未回収170億円の不適切取引!“発覚”の翌月に事件は起きていた 〈報告書が明らかにした「社長射殺事件」のキーマン(下)〉

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

「王将社長射殺事件」から2年が経ち、「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」の2代目社長・望月邦彦氏(79)が、事件後初のインタビューに応じた。取材の中で望月氏が明らかにしたのは、創業者・加藤朝雄社長(故人)の代から続く、村山祐一氏(仮名)との関係だった。朝雄社長の没後、1年間の望月社長就任期間を挟み、長男の加藤潔氏が代表取締役社長に、次男の欣吾氏が経理部長兼代表取締役専務に就いたが、以来、「欣吾氏と村山氏との間で不適切な取引が始まった」(王将関係者)という。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年4月14日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事