【王将社長射殺事件 黒幕と疑われた男の告白(下)】私を犯人扱いした京都府警

社会週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

 2013年に起きた「餃子の王将」の大東(おおひがし)隆行社長射殺事件。この事件を受け、経営母体である「王将フードサービス」の第三者委員会は、約260億円の資金がA氏に流出し、約170億円が未回収であるとの「調査報告書」を公表した。

 このA氏こそ、部落解放同盟のドン、故・上杉佐一郎氏の異母弟にして、美空ひばりの最後の後見人だった上杉昌也氏(72)である。不動産業やゴルフ場経営などを手掛けている氏は、京都府警からの事情聴取を受けたほか、殺人容疑で会社を家宅捜索もされている。

...

記事全文を読む