小泉進次郎、部会長2期目の異例 農協改革の正念場

政治週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

 小泉進次郎代議士(35)が正念場を迎えている。

「この8月、自民党農林部会長の続投が決まりました。部会長は通常1年で交代なので異例です」

 と農政担当記者。

「というのも、4月に彼が提出した農協改革の中間報告案について、党内から物言いが出たから。自身が熱く語っていた『農林中金』解体が盛り込まれていないので踏み込みが甘いと。最後に本人が、“やります”と手を上げた恰好です」

 改革案の最終的な取りまとめは11月だが、これに先立ち9月5日、全国農業協同組合中央会(JA全中)を訪ね、幹部らと面会した。

...

記事全文を読む