福原愛を待ち受ける台湾的“嫁姑問題” 強い出産プレッシャー

スポーツ週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

 まさに「祝福ムード」一色である。茶の間のアイドルとなって二十余年の福原愛(27)の結婚だから、それもそのはずだが、一方で国際結婚の難しさは推して知るべし。夫の国・台湾との「嫁姑観」の差異が影を落とす、なんて声もあるのだ。

 ***

 日刊スポーツが福原の結婚を“抜いた”のは、9月8日のこと。「元カレ」の錦織圭がその直後、全米オープンでベスト4に進出したのは何とも皮肉な話であるけれど、それはともかく、福原サイドはこの報道によほど困惑したようだ。スポーツ紙の記者によれば、

...

記事全文を読む