安倍官邸vs財務省の攻防 日銀の外債購入めぐり

政治週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

 官邸が禁断の果実に手を伸ばそうとしているのか。

 そんな憶測が広まったのは9月5日、外遊先の中国・杭州で行われた安倍総理の記者会見での一言からだった。総理番記者によると、

「昨今の円高基調がアベノミクスに与える影響について質問が出たときのことでした。『必要なときにはしっかりと対応する』と答えた後、『日本銀行による外債購入が、為替介入を目的とする場合は認められないと承知しています』と付け加えたのです」

 総理の言葉通り、日銀を始め、先進国の中央銀行が外債を買うことがご法度とされているのは金融界の常識。

...

記事全文を読む