冲方丁、冤罪DVでの留置場生活を語る 「飼育されている気分になりました」

文芸・マンガ週刊新潮 2016年9月15日号掲載

 この世に「永遠」は存在しない以上、冷めない愛というものもなく、どこの夫婦も倦怠期を迎えるもの。とはいえ、男女のすれ違いが、身に覚えのない「冤罪DV」となって降りかかってきたら堪(たま)らない。

 ***

「留置場という場所を一言で表すならば、『いるだけで具合が悪くなるようにするために、とことん趣向を凝らした空間』ですかね。何が辛(つら)かったって、夜、電気を消してくれないことです。明るい電灯のもとではなかなか眠れません。睡眠を奪うのが『最高の拷問』だと、よく分かりました」

...

記事全文を読む