〈「お言葉」を私はこう聞いた〉かくてすめらぎは人間(ひと)となりたまひし――矢作俊彦(作家)

社会週刊新潮 2016年8月25日秋風月増大号掲載

 今上陛下の「お言葉」を聞きながら、私は脈絡もなく3年前の4月28日に行われたある式典の映像を思い出していた。1952年のこの日、サンフランシスコ講和条約が発効し、主権が回復したのを祝して安倍政権が天皇陛下臨席で催した式典だった。ことは陛下退場のおりに起こった。席を立たれた瞬間、起立した参加者から「天皇陛下万歳」が発せられた。ここぞとばかり、壇上に並ぶ安倍晋三以下政府関係者が唱和した。すでに顔を上手に向けて歩を動かしている陛下に背から万歳を浴びせかけたのである。

...

記事全文を読む