二階幹事長、2泊3日のゆるい派閥研修 番記者に旅費3万円を提示

政治週刊新潮 2016年9月8日号掲載

「夏の派閥の研修会は、選挙対策に終始する」

 自民党幹事長就任後、二階俊博氏(77)はそう語っていたのだが……。

 政治部記者の解説。

「8月26日から28日までの2泊3日の日程で、札幌市内で開かれました。二階派の国会議員の参加はもちろん、事務方の関係者、二階さんの番記者もほぼ全社同行していましたね。総勢100人規模の大所帯です」

 新千歳空港に降り立った一行は、札幌市内のホテルに直行。宴会場に集まり、研修は始まった。

「二階さんら派閥幹部の挨拶の後、『ニトリ』の似鳥会長と、『キヤノン』の御手洗会長の講演がそれぞれ1時間ずつ行われ、この日の研修は終了。

...

記事全文を読む