映画「ポケモン」興収が伸び悩み 原因はポケモンGO?

エンタメ週刊新潮 2016年9月1日号掲載

 夏休み、親子連れで楽しめる人気アニメ映画が手堅く観客を集めるものだが、今夏はちょっと異変が。

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」は、1998年に始まったポケモン劇場版の19作目にあたる。

「ポケモン映画は1作目で興行収入72億円余りを記録、その後も40億円台など軽いものでした。邦画で毎年ベスト10入りが当たり前という、うらやましいほど安定したシリーズなのです」

 と、映画記者は解説する。

「今年も7月16日の公開から3日間で43万人余りを動員、興収は約4億7600万円と好ダッシュ。

...

記事全文を読む