悠仁親王、縄文土器づくりに没頭された夏休み

社会週刊新潮 2016年8月25日秋風月増大号掲載

 何事もご自身で成し遂げようというご意志が感じられた盛夏であった。皇室担当記者の話。

「かねがね、秋篠宮ご夫妻は悠仁さまを日本各地にお連れし、固有の文化に触れるよう、取り計らってこられました。昨年の夏休みは山形県遊佐(ゆざ)町を訪問されましたが、今年の夏、選ばれたのは新潟県津南(つなん)町でした」

 同町は信濃川沿いの日本一とも呼ばれる河岸段丘に位置しており、1万数千年前から人々が暮らしていた。縄文時代の遺跡も多数発見されている。

「ご一家は3日から5日まで同町に滞在しました。

...

記事全文を読む